大阪雨漏り事例  天井出窓(トップライト)からの雨漏り

天窓 トップライト 雨漏り

まいど! 大阪、東大阪で雨漏り・防水工事の大阪匠工業です!

今回は出窓や天井窓の劣化からくる雨漏りについてお話したいと思います。

出窓・天井窓は太陽光を取り込み室内を明るくし、またデザイン性も高いのですが、デメリットとして、屋根や壁から外側に出っ張って居るため、適切なメンテを定期的に行わないと雨漏りのリスクとなる事があります。

弊社でも今まで多く天窓(私たちはトップライトと言います)からの雨漏り補修の依頼を受けてきました。

 

天窓が原因の雨漏りはなぜ起こるか?

天窓は天井の屋根や壁との接点がシール材で加工されており、出窓になっているタイプが多く、それが長期間にわたる使用や気候変化によってシーリングが劣化(ひび割れ、はがれ)してくると、防水性能が低下し、水ががしみ込んできて室内に侵入してくるというケースが多くあり、また天窓の周りの水捌けが悪いとそこに水が滞留し、その水がしみ込むことで雨漏りが発生することがあります。

単純に天窓が破損した以外の場合はこういったケースが殆どです。

 

天窓が原因の雨漏りの対策は?

先ずは上述のどの原因による雨漏りかを判別します、脚立や天井に登って確り観察し、天窓自体の破損じゃなければ散水テスト等でどこから水が滲んでくるかチェックし劣化しているシールの部分を打ち直せば対策が可能です。

やはり、シールの劣化はおうちの至る所にあり、定期的な外壁・屋根の補修や塗装の点検とメンテナンスの際に天窓のシーリングも同時に点検し、劣化している場合は早めに修理または交換することです。

どの雨漏り記事でもお話させて頂いていますが、自然と雨漏りするような状況というのは躯体に負荷がかかっていることが多く、定期的な点検とメンテナンスで事前に対策を打つことが最も良い事をお伝えさせて頂きます。

 

放置せずすぐにご連絡を。

こちらの陸屋根がプール状態になっていたお客様に関しましても、はじめの問い合わせは「天窓の方から雨漏りがするから見に来て欲しい」という天窓が原因の雨漏りからでした。

大阪雨漏り事例 陸屋根に水が溜まっていた例(住宅設計ミス) | 大阪・東大阪での防水工事、雨漏り補修は大阪匠工業へ

大阪匠では無料で雨漏り診断~見積を行っております

出窓、天井窓に限らず、建物と窓等の接点からの漏水が疑われる場合はお気軽にお声かけ下さい、早めの対応が建物に取って長持ちに繋がります。

経験豊富な職人が適切なアドバイスをさせて頂きますのでお気軽にご連絡ください。

大阪匠の雨漏り補修!

お電話 0120-422-288

メールでのお問い合わせはこちらまで

関連記事

  1. 大阪 外壁からの雨漏り 漏水事例
  2. 雨漏りのシーリング工事(コーキング工事)
  3. 金属屋根 劣化 雨漏り
  4. 大阪 雨漏り 結露
  5. 大坂 雨漏り ねずみ 被害
  6. 雨漏り シーリング コーキング
PAGE TOP