大阪雨漏り事例 外壁の劣化・ひび割れによる雨漏り事例

外壁ひび割れ補修コーキング工事(シーリン工事)

大阪、東大阪で雨漏り・防水工事の大阪匠工業です!

今回は外壁のひび割れによる雨漏り事例を紹介します

▼外壁の劣化 – ひび割れ、破損による雨漏りの事例 「外壁のひび割れはなぜ補修するべきか?」

外壁のひび割れ、破損の事を私たちは「クラック」と呼びます。

下記写真見て頂ければと思いますが誰が見ても外壁がひび割れている事がわかります。

なぜ外壁のひび割れは放置せずに補修したほうが良いかと言いますと、雨漏り等が現状無かったとしても、
ひび割れた外壁から雨水等が内部に浸み内部の断熱材等の壁と建物内の間にある素材を痛めるきっかけになり、
また外壁のコンクリート自体も酸性の水分が流れ込む事によりアルカリ性のコンクリートが劣化し、鉄筋コンクリートの建築物自体の老朽化も進めてしまう事になります。

ひび割れを放置して、雨漏りがしてくるようになった頃には内壁材も、外壁材も傷んでやり替え費用が大きくかさむ可能性があることは想像できるかと思います。
どんなことにも当てはまりますが、早い段階でメンテナスや対応をしておくことによって健全な状態を保つことが出来るのです。

 
外壁 劣化 クラック 漏水 雨漏り

それでは実際の施工を見て行きましょう。
 
先ずはひび割れ劣化した部分ををサンダーで切削します。
外壁 ひび割れ 補修

 
削った部分にコーキング材を充填、クラックが大きく深い場合は左官等でひび割れを補修します。

外壁 コーキング シーリング

 

最後に外壁塗装を施して完成です。

外壁改修 塗装

 
外壁塗装 ひび割れ 補修

 
ひび割れなどの外壁補修が終われば、部分的な補修で終わらせずに、足場などを組まれた場合等であれば、
同時に外壁塗装をやり変えてしまうのをおすすめします。
再度足場を組む手間がなくなるので、その分の費用が掛からずやり変えが可能になります。

ひび割れの左官補修の例も含めてこちらも是非参考頂ければと思います。

外壁からの雨漏り補修 外壁塗装工事 シール工事 大阪市

外壁や屋根の状況を確認してプロが適切にアドバイスさせて頂きます。

大阪匠では無料で雨漏り診断~見積を行っております。

経験豊富な職人が適切なアドバイスをさせて頂きますので

 

心当たりのある方は是非いちどお気軽に連絡してみてください。

 

大阪匠の雨漏り補修!

お電話 0120-422-288

メールでのお問い合わせはこちらまで

関連記事

  1. 大坂 雨漏り ねずみ 被害
  2. 大阪 外壁からの雨漏り 漏水事例
  3. 金属屋根 劣化 雨漏り 塩ビシート防水
  4. 陸屋根 傾斜施工
  5. 縦樋 軒樋 雨漏り 施工後
  6. 宅内の漏水被害
PAGE TOP