大阪雨漏り事例 FRP防水工事のすすめ

ベランダFRP防水工事 施工前

まいど! 大阪、東大阪で雨漏り・防水工事の大阪匠工業です!

前回はウレタン防水工事の特徴や長所等をご紹介させて頂きましたが、よくウレタン防水と比較されるFRP防水工事も併せて紹介させて頂きます。
どのような特徴がありどんな工事や現場に向いているかをご紹介させて頂きますので参考にして頂ければと思います。

FRP防水とはお風呂の浴槽等にも使われている、軽量・高防水性・耐摩耗性に優れたFRP素材の特性を防水分野に応用したもので、防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。

 

 

材質は液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて塗布しますので出来上がった防水層は継ぎ目の無い美しい仕上がりとなり、優れた防水性能を発揮し、非常に優れた防水工法なのですが、防水層が非常に硬く伸縮性が無いので広い場所に施工するのに不向きなので、そのことからベランダやバルコニー等のやり替え等の際に提案させて頂くことが多いです。

 

▼ウレタン防水工事との違い

FRP防水もウレタン防水も材料を塗布して硬化させるえ「塗膜防水工事」となりますが、この2つの防水工事の違いはなんでしょうか?

材質に関して言えばウレタンとFRPではFRP樹脂の方が硬く硬化時間も短い為短納期です、またFRPは上述の通り軽量であるので老朽化した場所等でも建物に負担が少なくやり替えることが可能です。

という事であればウレタンよりFRP防水の方が良いのでは?と思われるかもしれませんが、FRP樹脂は硬く伸縮性が無いので、伸縮性のある木造のバルコニーや経年劣化でひび割れ等を起こすコンクリートの下地等に使用すると防水層自体が一緒に割れてしまったりする可能性があります、となるとそういう場所にはウレタン防水の方が良いよねという話になるわけです。

また優れた材料であることから防水工事費用がウレタン防水に比べて費用が高くなることと、上述したように大規模な広い場所に対しては不向きであることが挙げられます。

やはり防水工事は現場にあわせた最良の工法を使用する事がベストですが、以上この事を踏まえてFRP防水工事を使用する事は非常に効果的ですので、ご自宅のベランダ・バルコニーのやり替え等に検討頂ければと思います。

FRP防水工事の現場の実績を一つ参考に挙げさえ手頂きますのぜ参考ください。

FRP防水 バルコニー改修工事工事

ベランダのFRP防水工事のやりかえ施工させて頂きました。FRP防水はベランダのような狭く限られたスペースに対して優れた材質です。

無料で雨漏り診断・見積はこちら!

大阪匠工業では経験豊富な職人が直接お客様のもとに伺い雨漏りや防水工事の相談・診断・アドバイスさせて頂きます。元請けですので営業ノルマや中間マージ等が無く、無理な押し売り等も一切ございませんのでご心配なくお気軽にご相談ください。

防水工事のあらゆるご相談はこちら

雨漏り診断で分かる事、よくある質問、価格や事例は下記雨漏り補修ページをご参照ください

 

大阪匠の雨漏りスピード修理!

雨漏り・漏水放置は要注意 漏水していれば雨漏りとわかりやすいのですが、シール材の劣化や外壁の割れ、窓から結露でもないのに水が漏れてきている等の症状があれば室内に漏れてきてはいないけど、内壁材…

ご家庭のメンテナンス 「外壁塗装・屋根塗装」 は弊社ショールームダイタクへ!

外壁塗装・屋根塗装ショールームダイタクでは、屋根の材料や塗料のサンプル等を展示しており実際の材質や色の質感を直接知っていただけ、また大切なおうちの塗り替えで、わからない事、不安なことは、経験豊富な専門家が親切丁寧にお答えいたしますので、ぜひお近くのショールームにお越しください。

大阪 外壁塗装 屋根塗装 専門店 ショールーム ダイタク外壁塗装・防水専門店ダイタク 大阪市、東大阪市、門真市、大東市、八尾市、四条畷 大阪かわち一円はこちらへ

生駒・奈良 外壁塗装 屋根塗装 専門店 ショールーム ダイタク

外壁塗装・防水専門店ダイタク 生駒市、平群、精華町、奈良市(富雄、郡山)、奈良北部はこちらへ

関連記事

  1. 金属屋根 劣化 雨漏り 塩ビシート防水
  2. 縦樋 軒樋 雨漏り 施工後
  3. 排水溝劣化 ドレン劣化 防水工事
  4. 雨漏り 陸屋根 劣化
  5. 外壁ひび割れ補修コーキング工事(シーリン工事)
PAGE TOP