大阪雨漏り事例 外壁からの漏水、排水管経年劣化による漏水被害の例

大阪 外壁からの雨漏り 漏水事例

まいど! 大阪、東大阪で雨漏り・防水工事の大阪匠工業です!

今回は外壁からの漏水の事例を紹介させて頂きます。

事の経緯はお客様から「壁から水が漏れているの見て欲しい」との依頼を受け現場に伺うと地面から50㎝程の所外壁からじわっとから水が滲み出ているのが確認できました。

大阪 外壁からの雨漏り 漏水事例

 

雨の後でもないのに壁から継続して水が滴り続けているので「漏水」であることを推測して調査を進めて行きました。
漏水と雨漏りの違いに関してこちらの記事を参考にして頂ければと思います。

漏水とは? 漏水が原因での雨漏り 「漏水と雨漏りの違い」 | 大阪・東大阪での防水工事、雨漏り補修は大阪匠工業へ

 

大阪 外壁からの雨漏り 漏水事例

 

内部からもチェックし、最終的には建物内部の配管のジョイント部が経年劣化し、防水性能を失ったジョイント部から水が漏れ、それが外壁に流れ出ていたという事を突き止めました。

大阪 外壁からの雨漏り 漏水事例

 

劣化部が経年劣化であり、施工するために壁を取り外す作業をしましたので、部分補修ではなく配管全体を新しい素材を使用した物にやり替えさせて頂き対応させて頂き無事漏水補修の対応が完了いたしました。

大阪 外壁からの雨漏り 漏水事例

 

前に紹介させて頂いた天井からの漏水の例等であれば、天井から滴っているので異常に気付きやすいし、すぐに対応しなければと思うものなのですが、今回の例に関しましては外壁からの滲みでありよく気づいて頂きました。
漏水周辺の材質の劣化もさほど見られず、早期発見と対応に繋がったかと思います。
※下記の漏水の例では天井から滲んでましたのですぐに対応に繋がりました。

大阪雨漏り事例 排水管破損による住宅内の漏水例 | 大阪・東大阪での防水工事、雨漏り補修は大阪匠工業へ

 

放置していたとすれば内部からの漏水した経路の内壁材や漏れた部分周辺の外壁材などが劣化、また延々と漏れ続ける水道代がかかり続けると考えると、しっかりご自分のお宅を観察され異常に気づいたらすぐに行動されたことがいかに重要か気づかされます。

 

出窓、天井窓に限らず、建物と窓等の接点からの漏水が疑われる場合はお気軽にお声かけ下さい、早めの対応が建物に取って長持ちに繋がります。

 

無料で雨漏り診断・見積はこちら!

大阪匠工業では経験豊富な職人が直接お客様のもとに伺い雨漏りや防水工事の相談・診断・アドバイスさせて頂きます。元請けですので営業ノルマや中間マージ等が無く、無理な押し売り等も一切ございませんのでご心配なくお気軽にご相談ください。

防水工事のあらゆるご相談はこちら

雨漏り診断で分かる事、よくある質問、価格や事例は下記雨漏り補修ページをご参照ください

 

大阪匠の雨漏りスピード修理!

雨漏り・漏水放置は要注意 漏水していれば雨漏りとわかりやすいのですが、シール材の劣化や外壁の割れ、窓から結露でもないのに水が漏れてきている等の症状があれば室内に漏れてきてはいないけど、内壁材…

ご家庭のメンテナンス 「外壁塗装・屋根塗装」 は弊社ショールームダイタクへ!

外壁塗装・屋根塗装ショールームダイタクでは、屋根の材料や塗料のサンプル等を展示しており実際の材質や色の質感を直接知っていただけ、また大切なおうちの塗り替えで、わからない事、不安なことは、経験豊富な専門家が親切丁寧にお答えいたしますので、ぜひお近くのショールームにお越しください。

大阪 外壁塗装 屋根塗装 専門店 ショールーム ダイタク外壁塗装・防水専門店ダイタク 大阪市、東大阪市、門真市、大東市、八尾市、四条畷 大阪かわち一円はこちらへ

生駒・奈良 外壁塗装 屋根塗装 専門店 ショールーム ダイタク

外壁塗装・防水専門店ダイタク 生駒市、平群、精華町、奈良市(富雄、郡山)、奈良北部はこちらへ

関連記事

  1. 縦樋 軒樋 雨漏り 施工後
  2. 雨漏り 陸屋根 劣化
  3. 屋根 雨漏り 勾配 角度 原因
  4. 天窓 トップライト 雨漏り
  5. 雨漏り シロアリの被害
  6. 排水溝劣化 ドレン劣化 防水工事
PAGE TOP