大阪雨漏り事例 コーキング・シーリングからの雨漏り

雨漏りのシーリング工事(コーキング工事)

大阪、東大阪で雨漏り・防水工事の大阪匠工業です!

前回はコーキング、シーリングとは何かをお話させて頂きましたので、今回は実際の事例を見て行きたいと思います。

 

前回ご説明したとおり

・シーリング/コーキングとは建物のすきまを防水性、 気密性を保たせるために充てんする事。

ということですので、それが原因での雨漏りということはその充填しているコーキング剤が長い年月で劣化して、あるいは地震などの災害でズレたり剥がれたりしたし、そういった状況で雨が降れば、そこから建物内に入水してくることはみなさんもイメージ出来るかと思います。

 

シーリング コーキング 雨漏り

 

じゃあそこを充填しなおせば良いってことだよね?と言うことですが、シールの劣化が見受けられそこを補修しても雨漏りが止まらない場合があります。

写真の例は下の階で雨漏りが見受けられましたがその周りのシール材の劣化で雨水が浸入したという事ではなく、最上階の壁のシール材の劣化が原因で、そこから長い距離を建物内を伝って下の階に雨漏りをしていた例です。

雨水の侵入経路は複雑でこういった雨漏りは原因を突き止めるのが簡単にはいかない場合があるでしょう。

他業者でシール補修をしたが雨漏りが止まらない、DIYで補修したが原因がわからない等の事がありましたら是非一度我々専門会に一度ご相談下さい。

 

大阪匠では無料で雨漏り診断~見積を行っております。

経験豊富な職人が適切なアドバイスをさせて頂きますので

 

心当たりのある方は是非いちどお気軽に連絡してみてください。

 

大阪匠の雨漏り補修!

お電話 0120-422-288

メールでのお問い合わせはこちらまで

関連記事

  1. 雨漏り 屋根瓦 補修
  2. 雨漏り 陸屋根 劣化
  3. 大阪 外壁からの雨漏り 漏水事例
  4. 天窓 トップライト 雨漏り
  5. 雨漏り シロアリの被害
PAGE TOP