大阪雨漏り事例 水切りのお話

大阪 雨漏り補修 水切り 雨仕舞

まいど! 大阪、東大阪で雨漏り・防水工事の大阪匠工業です!

今回は屋根の水切りと雨漏りの関係、事例を等のお話をしたいと思います。

皆さま「水切り」はご存じでしょうか?

建物にはもちろん雨を内部に入れないのが基本です。

しかし、屋根材や外壁、サッシ周りなど部材同士の繋ぎ目には無いように見えて実際には少しですが隙間が空いていたりしており、そこに建物の上から下へ外壁等を伝って雨水が流れ、先に述べた小さな隙間から内側に入り込んでしまいます。

その小さな浸水の積み重ねにより内部座位が劣化し雨漏りに進展するケースや、継ぎ目のシール材の劣化により今まで水が浸入してこなかったのに侵入してくるケース等、雨漏りは建物の隙間から雨水が浸入ますので、雨漏りのケースとしても良く見受けられる原因ですので皆様も参考にして頂ければと思います。

それでは実際のケースを見て行きたいと思います。

こちらの戸建てでは、新築当初では瓦と外壁の間に水切りが見受けられますが、これが劣化し雨漏りに繋がっていると予測しました。

 

大阪 雨漏り補修 水切り 雨仕舞

 

ですので、先ず老朽化した水切りのシール材を打ち直しし、更にその上に新しい水切りを新設し二重に対応させて頂きました。

 

大阪 雨漏り補修 水切り シール補修

 

この二重の対応によって雨漏りは無事に収まり、また二重に対応させて頂いた事により防水効果も長持ちすると思います。

 

大阪 雨漏り補修 水切り新設

 

無料で雨漏り診断・見積はこちら!

大阪匠工業では経験豊富な職人が直接お客様のもとに伺い雨漏りや防水工事の相談・診断・アドバイスさせて頂きます。元請けですので営業ノルマや中間マージ等が無く、無理な押し売り等も一切ございませんのでご心配なくお気軽にご相談ください。

防水工事のあらゆるご相談はこちら

雨漏り診断で分かる事、よくある質問、価格や事例は下記雨漏り補修ページをご参照ください

 

大阪匠の雨漏りスピード修理!

雨漏り・漏水放置は要注意 漏水していれば雨漏りとわかりやすいのですが、シール材の劣化や外壁の割れ、窓から結露でもないのに水が漏れてきている等の症状があれば室内に漏れてきてはいないけど、内壁材…

ご家庭のメンテナンス 「外壁塗装・屋根塗装」 は弊社ショールームダイタクへ!

外壁塗装・屋根塗装ショールームダイタクでは、屋根の材料や塗料のサンプル等を展示しており実際の材質や色の質感を直接知っていただけ、また大切なおうちの塗り替えで、わからない事、不安なことは、経験豊富な専門家が親切丁寧にお答えいたしますので、ぜひお近くのショールームにお越しください。

大阪 外壁塗装 屋根塗装 専門店 ショールーム ダイタク外壁塗装・防水専門店ダイタク 大阪市、東大阪市、門真市、大東市、八尾市、四条畷 大阪かわち一円はこちらへ

大阪 外壁塗装 屋根塗装 専門店 ショールーム ダイタク

外壁塗装・防水専門店ダイタク 生駒市、平群、精華町、奈良市(富雄、郡山)、奈良北部はこちらへ

関連記事

  1. 縦樋 軒樋 雨漏り 施工後
  2. アスファルト防水 既設防水層不良部補修
  3. 雨漏り シロアリの被害
  4. 外壁ひび割れ補修コーキング工事(シーリン工事)
PAGE TOP