お知らせ

雨漏り どうして雨漏りが起こるのか?  ~コーキング・シーリングって?~

2016年05月05日 03:29:36


まいど! 大阪、東大阪で雨漏り・防水工事の大阪匠工業です!

 
さて、今回はコーキング、シーリング(材)の話をしたいと思います。

 
わが社の雨漏りサービスメニューにもありますが、コーキング、シーリング(材)とは何かをここでご説明します。

 

雨漏り シーリング コーキング

 
コーキングやらシーリングやらよくわかりませんが基本的に同じものと考えてもらってよいです。

定義としては

JIS K6800:1985「接着剤・接着用語」では、シーリング材(建築用は、JIS A 5758で規定)を「構造体の目地、間げき(隙)部分に充てん(填)して防水性、気密性などの機能を発揮させる材料。」、油性コーキング材(建築用は、JIS A 5751で規定されていたが、現在は廃止されている。)を「展色材(天然樹脂、合成樹脂、アルキド樹脂など)と鉱物質充てん(填)剤(炭酸カルシウムなど)を混合して製造したペースト状のシーリング材。相対変位の小さな目地のシールに使用される。鉱物質充てん剤として、石綿は、現在使用が禁止されている。」と規定している。

しかし、通称では、あらかじめ形が決まっているものをシーリング材(シーリング)と呼び、チューブ容器に入っていて専用の押出し機であるコーキングガンcaulking gun)で施工する樹脂性の物をコーキング材(コーキング)という事が多い[1]。コーキングとシーリングは建築現場では同義語として使われる事が多く、建築現場では、職人の年代や所属している会社などによってコーキングかシーリングかは厳密には決まっていない。

引用が長いのですごく大雑把にいうと

 
・シーリング/コーキングとは建物のすきまを防水性、 気密性を保たせるために充てんする事。
よく家の風呂場の浴槽やふろ場の鏡と壁の間なんかがゴムのような素材でふさがれていると思いますが、ああいうものの総称です!!

 
・また呼び方は業界や会社等によって違い、 厳密には決まっていない
つまり、どちらの言い方でもわかれば、通じればよい!!という事ですね。

 
どうでしょうか、コーキング・シーリング お分かりいただけたでしょうか、、、、

 

大阪匠では無料で雨漏り診断~見積を行っております。

経験豊富な職人が適切なアドバイスをさせて頂きますので

 

心当たりのある方は是非いちどお気軽に連絡してみてください。

 

大阪匠の雨漏り補修!

お電話 0120-422-288

メールでのお問い合わせはこちらまで

防水工事 WATER PROOFING

大阪匠が提案する
「適所適材」の防水工事実例と同じ症状があればまずはお問い合わせを!

詳細はこちら

大阪匠の熱対策 INSULATION OF OSAKA TAKUMI

大切なマイホームを壊すことなく、夏涼しく・冬暖かい住まいに!

詳細はこちら